便秘の解消にはヨガの「合せきのポーズ」が有効

大げさな話のようですが、物心ついた頃からお通じに苦労する人生を送ってきました。便秘解消のサプリや薬など常用していた時期もあります。または乳製品を多く摂るとか、繊維質の多い野菜を摂るなどの対処も試してみましたが、効果はほとんどありませんでした。一時的にスムーズなお通じがあったくらいで、便秘の根本的な解消にはならず、半ば諦めていました。

20代前半の頃までは、それでも特に決定的な不都合にはなりませんでした。3日に一度のお通じはその頃には当たり前のことになっていて、それが自分の「体質」とまで思い込んでいたわけです。ですが、30代半ばを越えた頃から便秘が身体のむくみに直結するようになり、お腹周りや下半身のボリュームが気になるようになってきました。これが中年太りの始まりかと直感した時に真剣に焦り始めました。

そこで始めたのが過去に経験していたヨガでした。改めて教室に通うのではなく自宅でヨガマットを準備し、ポーズはヨガ関連のサイトを参考にして行いました。気になる部位に有効なポーズを検索できるページを活用して、そこで自分にぴったり合ったポーズを発見できました。

「合せきのポーズ」がそれで、やり方はまず両足の裏を合わせて膝を開いて座ります。それからかかとを身体に引き寄せて背すじを伸ばした状態で鼻呼吸をするという、とてもシンプルなポーズです。参考にしたページの但し書きに、「何十分でもキープしていられるようになると柔軟性が高まりポーズの効果も高まる」とあり、それに忠実に行っていました。

結果が出るまで3日とかからず、次の日の朝には気持ちの良いお通じがありました。その他のポーズも取り入れて行っていますが、私の基本は「合せきのポーズ」です。日常的に行うようになって1か月で下腹の内側に筋肉がついたようで、便秘の悩みも自然に解消していました。やはり下腹に筋力をつけることが、腸の動きを促進する大きな働きとなるのを文字どおり体感できました。 便秘の解消方法の参考になれば幸いです。腸内環境改善サプリ

便秘解消に取り組んでいるけれども

私が自分で便秘がちだなと思うようになったのは、30代に入った頃です。それからもうかれこれ10年以上便秘に悩んでいます。多少の変動はありますが、お通じがあるのはだいたい週に2~3回です。毎日スッキリという方が本当に羨ましいです。私の場合はお通じがあってもスッキリという感じとは程遠いので。善玉菌サプリ

昨年の年末年始のお休みの時に、1週間以上お通じがなくて、本当に苦しみました。お腹が張って痛くて痛くて気が遠くなりそうでした。救急車を呼ぼうか真剣に迷ったくらいの痛みです。真夜中にトイレに2時間籠って何とか出せた時には冗談では無く、涙が出ました。

もうこんな思いは嫌だと強く思い、便秘解消に効果があると言われるようなことは一通り実践することにしました。食生活については、ほぼ自炊なので栄養バランスには気をつかい、特に野菜と発酵食品は意識して食べるようにしています。水分を多めに摂るようにすることも心がけています。

週に何度かは長めの散歩に出かけて数キロ歩いて体を動かし、ストレッチは毎日欠かしません。2日に1度は半身浴をして体の冷えを取るようにもしています。自分ではかなり気を使っていると思うんです。それでもお通じは週に2~3度ですから、以前と変わりません。これ以上どうしたら良いのか途方に暮れている状態です。

便秘になる原因とは?

運動しても食事をかえても治らない頑固な便秘。
最終的には便秘薬に頼ってしまう人も多いはずです。
そもそも何故便秘になってしまうのでしょうか?

・便秘の原因とは

便秘にはいくつかの原因があります。

1つ目に「運動不足」です。
運動不足になってしまうと排便に必要な筋肉が衰えてしまうと自力で排便するのが難しくなってきます。
特に女性や高齢者は、筋力が弱く便秘になりやすいと言われています。

2つ目に「水分不足」です。
水分は便を柔らかくする効果があり、水分を取るだけでお通じが良くなることがあります。
1日に飲む水が少ないと便が硬くなり排便しにくくなり便秘になってしまいます。

3つ目に「食物繊維不足」です。
食物繊維には、便通を整えたり腸を刺激し便を排出する働きがあります。
食物繊維の摂取が少ないと腸が刺激されず便を排出する力がなくなり便秘になってしまいます。

4つ目に「精神的なストレス」です。
精神的なストレスによって、自律神経のバランスが崩れ腸の活動が低下し便秘を引き起こしてしまいます。

頑固な便秘を一刻も早く解消するためにサプリや薬で解決しようするのではなく、まずはその原因を知ることが大切です。 おすすめ乳酸菌サプリメント
原因を知ることで自分に合った解決策を見つけだすことができるでしょう。

見た目だけで犬を判断するのはやめてほしい

私はボクサーを飼っている。
一般的にボクサーは、強くて怖いというイメージが浸透しているが、決してそんな事はない。
確かに力は強いがとても賢い犬で、飼い主がしっかしと躾をすれば、甘えん坊でとても優しい犬なのだ。
ヨーロッパでは「子守犬」と言われているが、知らない人も多い。

昔は人気の犬種だったらしいが、今はあまり見かけない。
散歩をしていると「犬種は何ですか?」と聞かれる事が多く「ボクサーです。」と答えると、「初めて見た。」とよく言われる。

犬好きな人は「触っていいですか?」と聞いてから撫でてくれて、撫でられて嬉しそうに目を細めている犬を見て「お利口だね。」と褒めてくれる。
そして間近で犬の顔を見て「怖いと思ってたけど、可愛い顔してる。」と言ってくれる人も多い。

だが、そのように言ってくれる人は少ない。
公園で私はきちんとリードを付けて散歩していて、自分はノーリードでキャンキャン吠えながらフラフラと小型犬を散歩させているくせに、私と犬を見て慌てて自分の犬を呼び寄せて「怖いね。」と言いながら、私達をよけて歩く飼い主もいる。
時には飼い主が呼んでいるにも関わらず、飼い主の声を無視して歯をむき出してうなりながらうちの犬に近寄ってくる小型犬もいる。 私はこういう小型犬が一番怖い。
万が一にもこんな小型犬がうちの犬に飛びかかってきたら、うちの犬がケガをさせられるのは嫌なので、絶対に私が間に入って噛まれようと覚悟はしている。
犬同士で何か合った場合、おそらく大きい犬の方が悪いと言われかねないから。

ボクサーだからという理由で怖いと言うのはやめてほしい。
本当に怖い犬は、飼い主の言う事をきかず、相手に歯をむき出してうなる犬だ。
そしてそれを放置して平気なその犬の飼い主に、一番の責任がある。

私のペット

私は、小学生の時にウサギを飼っていました。
それまで、動物を飼った事がなく、私にとっては、念願のペットでした。
ふわふわの白い毛に真っ赤なくりくりのお目目。
もう可愛くて仕方なくて、常に一緒にいました。
当時、うさぎ小屋を外に作っていたのですが、ほとんど家の中に入れて 遊んでいました。
名前は、ラビ―です。「ラビ―。」と私が呼ぶと、よくぴょんとジャンプして 応えてくれました。
それが、私には「は~い。」とお返事してくれてるようで、 とても嬉しかったのを覚えています。
当時、うさぎを飼っているのは珍しかったので、私の友人達にも大人気でした。
友人が餌を持ってきてあげたり、抱っこしたりとラビ―は、たくさんの人に囲まれていました。
あんなに可愛がられていたので、ラビ―も幸せだったと思います。
もちろん、いたずらもしてくれました。
電気コードを噛んでしまったり、ソファーで爪をとぐので、ソファーが破れてしまいました。
母は、怒っていましたが、私は、そんなラビ―も可愛くて怒る気にはなりませんでした。
また、ラビ―は、よく走り回って遊んでいました。
室内では、狭くてかわいそうなので、庭に出て遊ぶ事もありました。
そんなある日、まさかあんな事が起こるなんて・・・
その日もラビ―は、庭を自由に走り回っていました。
すると、なぜかとなりの空き地にいたラビ―。
よく見ると、私の家ととなりの空き地との境の塀が壊れていて
そこから空き地へと行ってしまったのです。
慌てて連れ戻そうとした時、野良犬がやってきて、ラビ―に襲いかかりました。
「ラビ―。」そう叫び、急いで助け出し野良犬は逃げていきました。
「よかった!」そう叫んでラビ―をぎゅっと抱きしめました。
命の大切さを学んだ出来事でした。
「怖い思いをさせてごめんね。ラビ―。」今でもそう思います。

自慢の猫・黒丸とミミ

私には、自慢のペットがいます。

それは、白と黒の毛色をした2匹の猫です。

お兄さんの猫は、黒い丸が体にある見た目の印象から、直感で「黒丸」と名付けました。

黒丸は、好奇心旺盛な子ですが、とても恥ずかしがり屋で、甘えるのが不得意で不器用な子です。

また、それが可愛いらしいのですが、なかなか個性的な猫なのです。

黒丸の妹は、「ミミ」と名付けました。

妹の猫は泣く時に「ミーミー」と鳴いて、私に擦り寄ってくるからです。

ミミは黒丸とは対照的に、とても甘えるのが上手で、さすが女の子といった感じの猫です。

この兄妹は、黒丸がミミに対してよくネコパンチしているのが特徴的です。

ミミが私に甘え終わったあとにそういう行動をすることが多いのですが、どうやら黒丸は上手に私に甘えられるミミに嫉妬しているようです。

それが、黒丸にとって面白くないから、ミミにちょっかいを出しているのだと思います。

そんな兄の行動をさして嫌がる様子もなく、ミミはドンと構えています。

男性より女性の方が実は肝がすわっているというのは、人間も猫も同じということでしょうか?

なかなか、面白い光景ですが、あまりにネコパンチの数が多いとさすがにミミがかわいそうなので、私が止めに入ります。

黒丸は本当に好奇心旺盛で、窓の外にスズメがいると、それをジーっと見ていることがあります。

何か行動をするわけではなく、ずっと見ているわけですが、何か考えているのだと思います。

黒丸とミミは、もはや私にとって家族同然です。

これからも、一緒に仲良く暮らしたいと思っています。